ホーム>コンテンツ>生花の意外な活用方法

生花の意外な活用方法

生花の意外な活用方法

花屋に通うことが毎日の日課になっている、美しいお花の虜になっているという方は世界中にたくさんいます。生花の命は短いため、すぐに枯らしてしまうのはもったいない!と思うことはありませんか。生花の意外な活用法用を知ることで、お花に囲まれた癒しの空間をもっと楽しむことができるでしょう。

ポプリを作ろう

ポプリを作ろう

生花のそのままの美しさを保存できるのがポプリの魅力です。ポプリにはドライとモイストの2種類がありますが、初心者の方には簡単にできる「ドライポプリ」がおすすめです。下記ではドライポプリの作り方をご紹介いたします。

ご用意していただきたいのが、アロマオイル・透明の袋・器となるガラス瓶やかごです。まずは、生花が完全に枯れる前に茎からお花や葉を取ります。ポイントは花びらを分解せずにそのままの形で茎から取るようにしましょう。

次に、取り除いた花や葉を全てザルに入れて、日光が当たらない場所で自然乾燥させます。数日後完全に乾燥したら透明の袋に入れ、乾いた花や葉にアロマオイルを数滴垂らし、優しく振りながら全体にオイルを行き渡らせます。この時、メインの花が形を崩さないように注意してください。

そして、1ヶ月くらいそのままの状態で置き、好みの器に入れて、メインの花を一番上に乗せたらできあがりです。ティーカップやグラスなどを活用してもおしゃれに仕上がります。バスルームやトイレの芳香剤、玄関先のインテリアなど、様々な場所に置いてポプリの可愛らしさと心地よい香りを楽しんでみてください。

サシェもおすすめ

サシェもおすすめ

ポプリを細かくした物を袋へ入れて楽しむ「サシェ」もおすすめです。ポプリをすり鉢で細かく砕いて、小さな布袋に入れるだけで簡単に作ることができます。

バックやクローゼット、枕の中などに入れて活用すれば、心地よい香りをいつでも感じることができます。ぬいぐるみにそっと忍ばせたら、お子さんも喜んでくれるでしょう。

山口県宇部市に花屋を構えている当店では、季節の花・胡蝶蘭・鉢物・プリザーブドフラワー・フラワーアレンジメント・花束など、魅力あふれるお花を多数取り扱っています。

花が咲く一瞬の生命の美しさ・素晴らしさをお届けしたいと、日々花たちと向き合いながら花屋を営んでおります。通販も行っており、宅配サービスも提供しておりますので、配達希望の方もお気軽にお問い合わせください。